福岡県

福岡市博物館所蔵「幽霊・妖怪画の世界」展

「人は死んだらどうなるのか?」、こうした疑問は誰もが心の片隅に持っていることだろう。見たことがない世界に対する不安や好奇心は、人間の想像力をかきたてる。そこで、昔の人々はすばらしい極楽浄土や恐ろしい地獄の世界を考え出し、その情景を描き出してきた。
しかし、それだけでは納得できないのが人間の面白いところかもしれない。中には極楽にも地獄にも行かずにこの世に留まる死者、あるいはそこかしこの闇に潜む異形の存在を私たちは肌で感じ取ってきた。それを「幽霊」や「妖怪」と呼び、古くから様々な形にあらわしてきたのだ。
本展では、館蔵の幽霊・妖怪画コレクション約50点を公開。先人たちの豊かな想像力が生み出した、もうひとつのあの世のかたちを紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.07.072018.08.26
  • 会場

    福岡市博物館
    http://museum.city.fukuoka.jp/
    福岡市早良区百道浜3-1-1
  • 観覧料金

    小学生以上=500円

    ※当日券のみ会場にて販売
    ※未就学児無料
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示した人の介護者1人を含む)、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示の場合は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    福岡市博物館、西日本新聞社、TVQ九州放送
  • 休館日

    月曜日(7月16日、8月13日は開館)、7月17日、8月16日

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※7月21日から閉幕までの金・土・日曜日、および8月13日~15日は20:00まで  ※入場は閉館の30分前まで 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ますむらひろしの北斎展 ATAGOAL × HOKUSAI

すみだ北斎美術館では、ますむらひろしの漫画「アタゴオル」シリーズのキャラクターと葛飾北斎の浮世絵が合体した異色のイラスト作品「アタゴオル×北斎」の展覧会を開催する。 ますむらひろしは宮沢賢治の童話作品の漫画化やアニメーシ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る