東京都

金剛宗家の能面と能装束

京都の金剛流宗家が所蔵する能面と能装束の展覧会。幽玄の美を象徴する優品の数々は、東京では初公開となる。なかでも豊臣秀吉が愛蔵した小面三面「雪・月・花」のうち「雪」が同家に伝わっており、今回この「雪の小面」と、同館が所蔵する旧金剛宗家伝来の「花の小面」(重要文化財)が久方ぶりに再会する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.302018.09.02
  • 会場

    三井記念美術館
    http://www.mitsui-museum.jp/
    中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F
  • 観覧料金

    一般=1300円、大学・高校生=800円

    ※中学生以下無料
    ※70歳以上の方(要証明)は1000円
    ※リピーター割引:会期中、一般券、学生券の半券提示で、2回目以降は団体料金
    ※障害者手帳提示のお客様およびその介護者(1名)は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    三井記念美術館、NHK、NHKプロモーション
  • 休館日

    月曜日(7月16日、8月13日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜日は19:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ジブリの動画家 近藤勝也展(新潟展)

宮崎駿監督も絶大な信頼を置く圧倒的な画力、魅力的な表情、生き生きとしたキャラクターたちの動き。スタジオジブリ作品の輝きを支える動画家の一人、近藤勝也氏(1963年愛媛県新居浜市生まれ)を取り上げた本展では、氏の描いたアニ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る