石川県

若冲と光瑤 伊藤若冲とその画業に魅せられた石崎光瑤の世界

伊藤若冲(1716~1800)と石崎光瑤(1884~1947)。二人に共通するのは花鳥画の革新者、イノベーターとしての絵画世だ。若冲は江戸時代中期、京都に生まれ、重要文化財《仙人掌群鶏図襖》や《動植綵絵》に代表される緻密な描写と極彩色の作品を手掛ける一方、近年、石川県で発見された《象と鯨図屏風》に見られるユーモラスな表現の水墨画を描くなど、その独自の画風は江戸期の絵画のなかでも特に異彩を放っている。他方、光瑤は12歳とき金沢に出て江戸琳派の流れをくむ山本光一に師事、19歳で京都の日本画家竹内栖鳳の画塾「竹杖会」に入門して《熱国妍春》、《燦雨》に代表される絢爛とした花鳥画の世界に独自の境地を見出す。また1926年(大正15)に雑誌「中央美術」に、同じく雑誌「美の国」に若冲について寄稿発表するなど、今日の若冲再発見の先駆けとしての業績を残した。

開催概要

  • 会期

    2018.06.232018.07.22
  • 会場

  • 観覧料金

    【前売】一般=1000円、中高生=600円、小学生=400円
    【当日】一般=1200円、中高生=800円、小学生=600円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北國新聞社、石川テレビ放送、石川県立美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る