山梨県

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド(山梨展)

まるで魔法にかけられたように、光ったり、動いたり、映像や音が変化したりする不思議な作品たちを展示。体を動かすことで音や光をダイナミックに操ることができる作品や、絵本の世界に迷い込んだような幻想的な作品など、子どもも大人も直感的に楽しめる体感型アートの展覧会。
※本展は、撮影OK(フラッシュ不可)、SNS等への画像のアップOK

開催概要

  • 会期

    2018.06.302018.08.26
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=1000円、大学生=500円

    ※高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳持参)
    ※県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    山梨県立美術館、テレビ山梨
  • 休館日

    月曜日(7月16日、8月13日は開館)、7月17日

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

太陽の塔リニューアル記念「街の中の岡本太郎 パブリックアートの世界」

岡本太郎が多面的な活動の中で、公園や学校などパブリックな空間に創作した作品は、全国に70ヵ所140点以上に及ぶ。太郎は、作品が個人の所有物となることを拒みつづけ、誰でもいつでも見ることの出来るパブリックな空間に作品を創り

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る