山梨県

アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ(山梨展)

クリスマスの出来事。印刷業を営むルメルシェ氏のところに、大女優サラ・ベルナールが主演する年明けすぐの舞台ためにポスターを制作してほしいと急な注文が舞い込んできた。ところが祝祭の休暇で工房には画工が誰もいない。いるのは休んだ同僚の代わりに校正の作業をしている青年が一人。彼は有能だし絵も上手いけれどポスター制作の実績はあまりない。それでもこのさい仕方がない、ボツにされるかもしれないが彼にやってもらおう。スケッチブックを携えて劇場へ向かわせ下見と打ち合わせ。下絵に彩色した原案スケッチを劇場側スタッフに提出して返事を待つことになった。28日、劇場側から連絡が入った。サラ・ベルナール本人がこのスケッチをいたく気に入った。元日には街に貼り出すのですぐとりかかってほしい、と。このポスター「ジスモンダ」が大評判を呼んで芝居も盛況、無名の青年ミュシャは一夜にして時代の寵児となり、サラ・ベルナールと向こう6年間の専属契約を結ぶことに……。このシンデレラストーリー、ちょっと脚色が感じられなくもないエピソードだが、こんにちも高い人気を誇るアルフォンス・ミュシャの出世の第一歩が大女優との幸運な接近によってもたらされたことは事実のようである。ヨーロッパを中心に国際的な展開を見せた当時の新しい芸術“アール・ヌーヴォー”の潮流の中で、グラフィックアートの分野で最も重要な作家のひとりとして同時代のみならず後世にも大きな影響を与えたミュシャ。本展はポスター、装飾パネル、パッケージデザインをはじめ切手や紙幣なフォ、多岐にわたる作品や資料約400点を展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.162018.09.02
  • 会場

    河口湖美術館
    http://kgmuse.com/
    南都留郡富士河口湖町河口3170
  • 観覧料金

    大人・大学生=800円、高校生・中学生=500円
    ※入館無料の日6/16(土)、7/14(土)、8月14日(火)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    河口湖美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る