山梨県

台湾写真交流展「島の記憶-1970~90年代の台湾写真」

公式サイト

多彩な島々から成る変化に富んだ島-台湾。アジアの中でも、写真文化の発展が著しい台湾を代表する11人の現代写真家による展覧会を開催。台湾の1970〜90年代は、戦後38年にわたる戒厳令の時代を経て、民主化へ向かう“湧き上がる時代”と呼ばれている。この間の政治的な変化は、台湾における写真表現にも大きな影響を与えた。11人の写真家は、この時代の人々をどのように凝視したのか。様々な民族と社会現象を深く見つめ、郷土愛に貫かれたその眼差しは、台湾の文化的アイデンティティの貴重な記録であると同時に、表層下に潜む熱気と新しい“台湾意識”を伝えている。本展のほぼすべての作品152点が日本および台湾において初公開の作品。

開催概要

  • 会期

    2018.07.072018.12.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=800円、学生=600円、中高生=400円、家族割引(2名以上〜6名様まで)=1200円

    ※障がい者と付き添い介護者の方各1名様は入館無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    清里フォトアートミュージアム
  • 休館日

    ※7月は火曜日
    ※8月は無休
    ※9月〜12月は火曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※12月は17:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る