長野県

武井武雄のアート タブローと版画展

公式サイト

武井武雄の晩年に多く制作された一枚絵としての作品、タブロー画作品や版画作品には、それまでには見られなかった童画の表現や武井の思想が反映されている。「童画」という言葉を生み出し、長年童画界をリードしてきた武井が表現したかったものとはなんだったのか――。特別に武井の初期の仕事となった絵雑誌『子供之友』に掲載された原画も前後期入れ替えて展示する。
※前期:6月16日(土)〜7月24日(火)、後期:7月26日(木)〜8月27日(月)

開催概要

  • 会期

    2018.06.162018.08.27
  • 会場

    イルフ童画館
    http://www.ilf.jp/
    岡谷市中央町2-2-1
  • 観覧料金

    一般=500円、中・高校生=300円、小学生=150円

    ※団体とは、総人数が10人以上をさします
    ※心身に障がいのある方および介助者1名は無料(入館の際障がい者手帳を提示)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人おかや文化振興事業団
  • 休館日

    水曜日(祝日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜19:00 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

林義雄展 童画の系譜

戦後、1962年に結成した日本童画家協会は武井武雄と林義雄、川上四郎らが中心となって結成された。林義雄は100歳を過ぎても制作を続け、優しく愛らしい作品を数多く発表。笑顔の子供たちと動物たちが多く描かれ、その様子は観る人

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る