長野県

奇喜怪快 井上洋介の絵本展

公式サイト

奇想天外な発想が炸裂する独創的な世界を描いた絵本画家・井上洋介が、2016年2月、惜しまれつつ84歳で亡くなった。鬼気迫る描写に愛嬌と哀愁、ナンセンスを同居させた独自の画風で、一貫して人間の本質を描き出した井上は、絵本のほか、漫画、広告、舞台美術など多彩な分野で活躍した。
本展では、広く愛されてきた『くまの子ウーフ』をはじめ、予想を超えた展開を見せる創作絵本、見る人を震撼させる妖怪絵本など、各年代の代表的な絵本原画のほか、少年時代に体験した戦災の記憶をもとに、生涯描き続けたタブローなども多数展示し、井上洋介の画業を紹介する。

開催概要

直前の記事

子どものへや トラフ建築設計事務所

いわさきちひろは子どもの居場所をどのように描いたのだろう。 トラフ建築設計事務所は、ちひろの絵のなかの子どもたちがかぶっている「帽子」に着目。 つば広帽子、毛糸の帽子、とんがり帽子……、さまざまな帽子が描かれている。 「

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る