群馬県

萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく(群馬展)

1969年に『ルルとミミ』でデビュー以降、『ポーの一族』や『トーマの心臓』など不朽の名作を生み、幅広いジャンルを手掛けてきた萩尾望都。大島弓子など同時期に人気を集めた漫画家らとともに「花の24年組」と呼ばれ、1970年代の少女漫画黄金期を築いた。
そうした中で1975年に発表された『11人いる!』は、従来の少女漫画では例をみない本格的SF作品として、その華麗なる登場が当時の漫画界に衝撃を与える。以後、『百億の昼と千億の夜』(原作:光瀬龍)、『スター・レッド』、『マージナル』、『バルバラ異界』などの名作を世に送り出し、今も多くのファンを魅了してやまない。
本展では、日本の少女漫画史におけるSFの黎明期を担った萩尾望都のカラーイラストレーション、コミック生原稿など、約400点のSF原画が大集合。
惑星に魅入られた奇跡の漫画家・萩尾望都が描きだした星々が煌(きらめ)く、夢の展示空間が実現する。

開催概要

  • 会期

    2018.07.142018.09.09
  • 会場

  • 観覧料金

    一般600円、大学・高校生300円

    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    高崎市美術館
  • 休館日

    7月17日(火)・23日(月)・30日(月)、8月6日(月)・13日(月)・20日(月)・27日(月)、9月3日(月)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜日は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」

王城の地・京都では、平安時代から近代にいたるまで、多くの刀工が工房を構え、多くの名刀を生み出してきた。これら京都で製作された刀剣は、常に日本刀最上位の格式を誇り、公家、武家を問わず珍重され、とりわけ江戸時代以降は武家の表

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る