東京都

ゴードン・マッタ=クラーク展

公式サイト

アメリカのアーティスト、ゴードン・マッタ=クラーク(1943-78)のアジア初となる大回顧展。大学で建築を学んだマッタ=クラークは、美術へと活動の舞台を移すと、1970年代にニューヨークを中心に活躍した。35歳で病死するまでの短い活動にも関わらず、今なお多くのアーティストに影響を与え続けている。
マッタ=クラークは、取り壊し前の建物の床や壁の一部を取り去り、ありふれた日常をまったく新しい空間と時間へと変容させる「建物切断(building cuts)」のプロジェクトで当時の美術界に衝撃を与える。また、美術・音楽・ダンスなどのためのスペース「112」の運営やアーティストによるレストラン「FOOD」の経営に関わったり、グラフィティなどのストリート・カルチャーにいち早く注目するなど、時代の空気を鋭敏に読み取りながら新しいアーティスト像を提示した彫刻、写真、映像、ドローイングなどから、1970年代を代表するこのアーティストの全貌にせまる。

開催概要

  • 会期

    2018.06.192018.09.17
  • 会場

    東京国立近代美術館(1F 企画展ギャラリー )
    http://www.momat.go.jp/
    千代田区北の丸公園3-1
  • 観覧料金

    一般=1,200円(900円)、 大学生=800円(500円)
    ※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
    ※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
    ※キャンパスメンバーズ加入校の学生は、学生証の提示で割引料金500円でご鑑賞いただけます。

    ※本展の観覧料で入館当日に限り、「MOMATコレクション」(4-2F)、「瀧口修造と彼が見つめた作家たち コレクションを中心とした小企画」(2Fギャラリー4)もご覧いただけます。

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立近代美術館
  • 休館日

    月曜日(7月16日、9月17日は開館)、7月17日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※金・土曜は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る