長野県

川西英と川上澄生 展

収蔵品より、モダン版画で知られる川西英(1894-1965)と川上澄生(1895-1972)の色鮮やかな木版画作品を紹介する。神戸市に生まれた川西は、版画家・山本鼎の作品に感化され独学で木版画を学んだ。神戸という環境に育まれた感性に裏打ちされた、モダンで色彩豊かな雰囲気を漂わせる作品を多く発表。横浜市に生まれた川西は、英語教師を務める傍ら、版画制作に尽力した。棟方志功を版画へと進ませるきかっけをつくった作家でもあり、南蛮趣味を生かした作品を多く残している。創作版画の中でも、モダンでポップな2人の作家作品を楽しむことができる展覧会。

開催概要

  • 会期

    2018.05.122018.07.29
  • 会場

  • 観覧料金

    300円、中学生以下無料
    20名以上の団体は2割引
    【次の方は入館無料】
    須坂市内にお住まいの70歳以上の方
    身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    須坂版画美術館・平塚運一版画美術館
  • 休館日

    5月7日~5月11日、6月27日以降の毎週水曜日
    (展示替えなどによる臨時休館がある場合があります)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る