東京都

うるしの彩り―漆黒と金銀が織りなす美の世界

公式サイト

漆工芸は日本を代表する工芸美術であり、古くから日本人の生活を豊かに彩ってきた。金銀の蒔絵や青貝の象嵌、七色に光る螺鈿など独特の美の世界を創造し、愛玩された。
その中には意匠に古典文学を主題としたものもあり、鑑賞に一層の奥行きをもたらしている。匠の精緻な技と洗練された意匠が融合した日本の漆工芸は、まさに世界でも類を見ない独自の美術といえる。
本展では、住友家に伝わった日本、琉球、朝鮮、中国の漆工芸品の中から、茶道具や香道具、そして近代に製作された華やかなおもてなしのうつわを紹介。茶道や香道、能楽などの伝統文化の世界で重用された作品や、京都で作られた雅な会席具や書斎を飾る硯箱など、おもに賓客をもてなす場で使われた華やかな調度を紹介するとともに、文人たちが愛玩した中国や琉球の作品もあわせて展示する。変化に富んだ華麗な漆の世界が楽しめる展覧会。

開催概要

  • 会期

    2018.06.022018.07.16
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=800円(640円)
    学生=600円(600円)

    中学生以下無料、20名様以上の団体の方は(  )内の割引料金

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    公益財団法人 泉屋博古館、毎日新聞社
  • 休館日

    月曜休館(7月16日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る