長野県

ひろしま 石内都

公式サイト

1945年8月6日に原爆で被爆した人たちの遺品から肌身に直接触れたものを中心に選び、撮影し続けている石内都。
一方、いわさきちひろは広島の原爆で被爆した子どもたちの作文に絵をつけた本『わたしがちいさかったときに』を手がけている。
ふたりの女性芸術家がとらえた「ひろしま」を起点とした作品が共鳴する。

開催概要

  • 会期

    2018.05.122018.07.16
  • 会場

  • 観覧料金

    大人800円
    高校生以下無料

    ※団体(有料入館者20名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は700円、障害者手帳ご提示の方は400円、介添の方は1名まで無料、視覚障害のある方は無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    ちひろ美術館、信濃毎日新聞社
  • 休館日

    第2・4水曜日

  • 開館時間

    09:00〜17:00 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

うるしの彩り―漆黒と金銀が織りなす美の世界

漆工芸は日本を代表する工芸美術であり、古くから日本人の生活を豊かに彩ってきた。金銀の蒔絵や青貝の象嵌、七色に光る螺鈿など独特の美の世界を創造し、愛玩された。 その中には意匠に古典文学を主題としたものもあり、鑑賞に一層の奥

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る