愛知県

タイムスリップ1918 大正の名古屋―米騒動絵巻に見る100年前のモダン都市―

今から100年前の大正7年(1918)8月、名古屋を含む全国の都市で、米の安売りを求める大暴動(米騒動)が発生した。日本軍のシベリア出兵にともない、米価が急騰したことがきっかけであった。のちに徳川美術館に勤める名古屋の日本画家・桜井清香はこの事件に衝撃を受け、名古屋で起きた米騒動を長大な絵巻に描いた。そこには米騒動そのものだけでなく、城下町からモダン都市へと変貌を遂げつつある名古屋の街並みと、そこに暮らす人々のすがたが驚くほど詳細に描かれている。本展では米騒動絵巻の全巻を公開し、関連資料や当時の写真などを交えつつ、絵巻を読み解くことで、100年前の名古屋の街へといざなう。

開催概要

  • 会期

    2018.06.012018.07.16
  • 会場

    徳川美術館
    http://www.tokugawa-art-museum.jp/
    名古屋市東区徳川町1017
  • 観覧料金

    一般=1,400円、高大生=700円、小中生=500円
    ※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
    ※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    徳川美術館、名古屋市蓬左文庫
  • 休館日

    月曜日(ただし7/16〔月・祝〕は開館、翌7/17日〔火〕は休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

企画展 夜と美術

宵から夜へと深まる闇。そこは太陽が地平線や水平線の下に沈んでいる時間帯だ。古来より、月夜、星空、夜の静寂、夜のざわめき、闇の中の明かりなど、夜のイメージは絵画や音楽のテーマとして取り上げられてきた。 本展では、夜の風景、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る