東京都

金襴手-人々を虜にした伊万里焼-展

江戸時代元禄年間には好景気を迎え、経済力を蓄えた町人を中心として元禄文化が発展。贅を好む風潮の中で、色絵を施した豪奢なうつわを求める気運が高まった。そうした需要に応えるように、ちょうどこの頃、伊万里焼に“古伊万里金襴手様式(こいまりきんらんでようしき)”が成立する。この色絵と金彩を施したうつわは、高級食器として富裕層の間で大変好まれ、以降、伊万里焼の色絵を代表するものとなった。また、同時期に海外輸出向けにも古伊万里金襴手様式の壺や皿が生産され、西欧の王侯貴族にも食器や室内装飾品として人気を博した。続く明治時代になると、それまで道具であった様々な工芸品が鑑賞品として評価されるようになる。食器であった伊万里焼にも鑑賞を目的に愛好し蒐集する外国人や日本人があらわれたが、真っ先にその対象とされたのが古伊万里金襴手様式であった。江戸時代の高級食器から、美術品へ。本展では、いつの時代も人々を虜にしてきた絢爛豪華な古伊万里金襴手を展観する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.042018.06.21
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=1,000円 (800円)、高大生=700円 (500円)、小中生=400円 (200円)
    ※( ) 内は20名以上の団体料金

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    戸栗美術館
  • 休館日

    月曜日 ※4月30日(月・祝)は開館、5月1日(火)は休館

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※毎週金曜は10:00~20:00  ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る