静岡県

所蔵名品展 男の生きざま・女の生きざま

同館のコレクションには、「人間」をテーマにしたものが数多くある。
今回はその中から、男と女の「生きざま」を表現したとっておきの作品を選んで紹介する。
作品には、様々な場面や心境が描かれている。時代背景や作家の心情により、男と女の織りなす人生、それぞれの生きる歓び、生きる悲しみ、生きる苦しみなどが表現され、それが絵の中の人々の「生きざま」となっている。
本展では、女性を独特の表現で描いたピカソ、人閣の内面の葛藤や不安を表現したムンク、母親の生きるたくましさを描いたシケイロスなどの海外作家や、黒い輪郭線で孤独に生きる女を描いた栗原一郎、コミカルで、ポップな画調の久里洋二などの国内作家の作品を約50点展示する。

開催概要

直前の記事

no image

企画展「暁斎・暁翠が見た明治維新150年」展

2018年を迎えた本年は、明治維新からちょうど150年の節目の年にあたる。全国でも関連の企画展やイベントが開催されているが、同館では幕末から明治前期に活躍した河鍋暁斎が戊辰戦争や西南戦争などの史実を元に描いた錦絵や、文明

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る