福島県

エリック・カール展 The Art of Eric Carle(福島展)

公式サイト

ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしが生まれてから、およそ50年がたった。いまも世界のどこかで、子どもが初めてこのあおむしと出会っていることだろう。
世界中の子どもたちに愛されている絵本『はらぺこあおむし』の著者エリック・カール(1929-)は、小さなあおむしとともに長く豊かな道を歩んできた。本展では、絵本にとどまらず立体作品、舞台美術へと創作の幅を広げ、いまなお輝きを失わないエリック・カールの世界を約160点の原画・作品で振り返る。
カールに出会ったばかりの子どもたち、親として再会を果たした大人たち、カールと出会うすべての人々に色彩豊かなその世界が開かれることだろう。

開催概要

  • 会期

    2018.04.142018.05.27
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円
    高・高専・大500円
    小・中生300円

    ※いわき市内在住の65歳以上の方、身体障害者手帳などをお持ちの方は無料(なお、身体障害者手帳第1種、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級の方を介助される方は、1人に限り無料)
    ※いわき市内の小・中・高・専修(高等課程)・高専生は、土曜日と日曜日のみ無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    いわき市立美術館、エリック・カール絵本美術館、読売新聞社、福島民友新聞社、福島中央テレビ
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

絵本のひきだし 林明子原画展(宮城展)

林明子さんは、初めて物語絵本『はじめてのおつかい』の絵を手掛けて以来40年以上にわたり、絵本作家として数々の作品を生み出してきた。子どもたちのあどけない仕草や心の揺らぎを写し取るその優しく繊細な作品は、多くの子どもそして

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る