秋田県

フランス国立図書館版画コレクション ピカソ―版画をめぐる冒険―

20世紀最大の巨匠といわれるパブロ・ピカソ。その70年以上に及ぶ創作活動において2000点近くの版画を制作しており、銅版画、リトグラフ、リノカットなど技法や素材も多岐にわたっている。本展では、フランス国立図書館のコレクションからピカソの版画作品に光をあて、ピカソが影響を受けた巨匠たちの作品もあわせた100点により、実験精神にあふれた独創的な表現の世界を紹介する。

開催概要

直前の記事

藤城清治 光と影のメルヘン展2018

日本を代表する影絵作家、藤城清治氏の独自の芸術世界を紹介する展覧会を開催する。この展覧会では、世界でも類を見ない影絵の手法により、ファンタジーや童話の世界を描き出してきた藤城氏の作品を、影絵の劇場をイメージして工夫を凝ら

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る