長崎県

大江戸展

東京富士美術館の所蔵品による、長崎だけの特別展。東京富士美術館の誇るコレクションの中から、屏風、掛軸、浮世絵、工芸品など選りすぐりの名品約110点を前期約70点、後期約80点に分けて展示し、魅力あふれる江戸美術の世界を紹介する。本物だけが持つ迫力を堪能できる展覧会。

開催概要

  • 会期

    2018.03.242018.05.27
  • 会場

  • 観覧料金

    当日大人1,400(1,100)円
    学生(小学生~大学生)800(500)円

    前売大人1,100円
    学生(小学生~大学生)500円

    ※前期チケットの半券で後期の割引あり
    ※15人以上の団体、障害者手帳所持者及びその介護者1名は前売で入場可
    ※本展のチケットで常設展示室にも入場可

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    長崎新聞社、長崎県美術館
  • 休館日

    4月9日
    5月7日~8日
    5月14日

  • 開館時間

    10:00〜20:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ミュシャ展 ー運命の女たちー(福岡展)

19世紀末を代表する画家・イラストレーターで、アール・ヌーヴォー様式の巨匠のひとりとして世界中で幅広い人気を誇るアルフォンス・ミュシャ(フランス語:ミュシャ/チェコ語:ムハ)は、1860年、現在のチェコ共和国モラヴィア地

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る