東京都

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界(東京展)

公式サイト

目黒区美術館は、明治以降、海外で絵を学び、また活躍した日本人作家の作品収集を基本方針の一つとして、1987(昭和62)年に開館した。なかでも、1913(大正2)年に渡仏し、1920年代にはパリで「画壇の寵児」となった藤田は、同館のコレクション形成にとって重要な作家。開館前からその作品の収集を始め、特に戦後藤田と交友したアメリカ人フランク・E・シャーマンの旧蔵コレクションをまとめて収蔵できたことは大きな成果であった。そして、開館の翌年に開催した「レオナール・フジタ―絵と言葉」展は、画家・藤田が絵画制作とともに、フランスで手がけた「挿絵本」を網羅的に紹介した初めての試みであった。その後、「藤田嗣治と愛書都市パリ」(2012年、渋谷区立松濤美術館、北海道立近代美術館)、「藤田嗣治 本のしごと―日本での装幀を中心に」(2013年、千代田区日比谷図書文化館)などが開催され、藤田の挿絵本は多くの人に知られるようになった。2018(平成30)年は藤田嗣治の没後50年にあたります。これを記念し、同館では、藤田の画業の中から挿絵本を中心に紹介する展覧会を再び開催。1886(明治19)年東京に生まれた藤田嗣治は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の西洋画科で学んだ後、1913(大正2)年、26歳でフランスに渡る。1919年、サロン・ドートンヌに出品した6点すべてが入選し、1920年代初頭に発表した乳白色の肌をもった裸婦像は、藤田独自の表現として当時のヨーロッパで高い評価を得た。フランスで画家としての地位を確立した藤田は、絵画だけでなく挿絵本の仕事にも積極的に取り組むようになる。19世紀後半から20世紀にかけて、希少性の高い挿絵本は愛書家たちの収集対象となっており、藤田がパリに渡った当時のヨーロッパは挿絵本の興隆の時代だったのだ。1919年、藤田は初めての挿絵本『詩 数篇』(Quelques poèmes)を手がけ、1920年代には30冊以上の挿絵本がフランスで出版された。すでに挿絵を手がけていた他の画家たちを凌駕するこの仕事量は、当時のフランスでの藤田の人気を反映したものであると同時に、藤田自身が挿絵本の世界に魅せられていたことを物語ってもいる。本展では、戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年フランスに移住した後の大型豪華本の挿絵などを中心に、藤田嗣治の「本のしごと」をふり返る。また、絵画や版画といった「絵のしごと」、さらには藤田が友人に送った葉書や絵手紙、手作りのおもちゃ、陶芸作品なども同時に展示し、藤田の幅広い創作活動を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.142018.06.10
  • 会場

    目黒区美術館
    http://mmat.jp/
    目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
  • 観覧料金

    一般1000円
    大高生・65歳以上800円

    ※小中生無料

  • 主催

    目黒区美術館
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る