北海道

河村泳静所蔵/伊達市教育委員会寄託 フランク・シャーマンコレクション あるアメリカ人が見た戦後日本美術

フランク・エドワード・シャーマンは、1945年、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の印刷・出版担当官として来日した。日本と芸術を愛したシャーマンは、12年に及ぶ日本滞在中、藤田嗣治をはじめ、猪熊弦一郎、伊原宇三郎ら、多くの日本人芸術家と交流をもち、彼らを支援。日本を離れた後も親交を続け、多くの写真を撮り、作品をコレクションした。1991年にシャーマンが死去した後、その膨大なコレクションは、親しかった河村泳静氏に引き継がれ、現在、北海道の伊達市教育委員会が絵画、写真、書簡など約5,000点の寄託を受け、同市のNPO法人噴火湾アートビレッジで管理している。
本展では、シャーマン・コレクションから絵画、写真、資料など約70点を展示し、日本を愛した一人のアメリカ人の交友の軌跡をたどりつつ、戦後日本美術の一断面を紹介する。またこの展覧会は、北海道の美術館がネットワークでつながり、双方向でアートを紹介・発信する「アートギャラリー北海道」の一環であり、同館終了後には、三岸好太郎美術館で第二弾が開催される。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る