静岡県

永遠に、そしてふたたび

IZU PHOTO MUSEUMでは、同館のコレクション作品を中心とした企画展「永遠に、そしてふたたび」を開催。
私たちは日々、多くの人と出会い、ときに死をもって離別する。ひとりの生や死にかかわらず連綿と続く時間の流れに、私たちは抗うことができず無力感を抱くかもしれない。しかし人の心の奥底に深く刻まれた記憶は、ひとつの生命が途絶えても、残された人々に受け継がれ、新たな意味をもたらされながらふたたび生き続ける。流れ続ける時間のある一瞬の出来事をとらえる写真は、過去の集積を写し出し、記憶としての物語を観者にふたたび想起させるものでもある。横溝静、野口里佳、川内倫子、長島有里枝、テリ・ワイフェンバックの5名の現代作家による作品は、時間と記憶のつながりや永続性について思考する手がかりを私たちに与えてくれることだろう。

開催概要

  • 会期

    2018.01.142018.07.06
  • 会場

  • 観覧料金

    大人=800円(700円)
    高・大学生=400円(300円)
    小・中学生無料

    ※( )内は20名以上の団体料金

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    IZU PHOTO MUSEUM
  • 休館日

    水曜日(祝日の場合は翌日休)
    ※企画展の開催期間以外は休館となります。

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

芹沢銈介の四季 芹沢が愛した言葉、「春夏秋冬」

芹沢銈介といえば「春夏秋冬」の四文字が頭に浮かぶほど、芹沢は繰り返し四季を作品の主題にした。芹沢にとって「春夏秋冬」とは、季節ごとに大きく変化する日本の美しい自然、そしてその中に暮らす人々の喜びを意味しているのだろう。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る