静岡県

白隠禅師250年遠諱記念展 駿河の白隠さん

公式サイト

白隠慧鶴禅師(1685~1768)は江戸時代中期に活躍した臨済宗の傑僧。
貞享2年駿河国原宿(現静岡県沼津市原)に生まれ、15歳のとき原の松蔭寺にて出家、慧鶴と名のった。信州の道鏡慧端に参禅、真の悟りを得て帰郷後、34歳で松蔭寺の住職に就き、白隠と号した。晩年は三島・龍澤寺の開山となり、明和5年84歳に示寂。
白隠は坐禅のみならず、日々の一切の行いが修行であり悟りの道であるとして、諸国を巡って精力的に講義を行い、禅僧を厳しく導いた。また在家のために絵や書をあらわし、禅のこころをやさしく伝えた。その内容は高僧の語録集や公案に関する著作本をはじめ、達磨や釈迦、観音などの禅画、墨蹟、天神や七福神の民間信仰の神々、昔語りや流行歌まで、実に幅広く表現は独創的であり、生涯、膨大な数の書画を制作し続けた。
本展は白隠禅師250年の御遠諱を記念し、静岡県内の寺院や個人所蔵およびゆかりの書画を中心とした約90点の名品を主題ごとに展示する。
ときに眼光鋭く叱咤し、ときに微笑をたたえ慈愛で諭す。強烈かつ懐中に深く入る白隠のメッセージは、時代を超えて現代の人々の心に響く。同館では32年ぶりとなる白隠展となっている。

開催概要

  • 会期

    2018.05.262018.07.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般・大学生=1,000円
    小・中・高校生=500円

    ※毎週土曜日は小中学生無料
    ※15名以上の団体は各2割引
    ※本展チケット(有料)半券提示で、会期中2回目以降の入館料2割引

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    佐野美術館、三島市、三島市教育委員会、静岡新聞社、静岡放送
  • 休館日

    木曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

琉球 美の宝庫

多くの島々からなる沖縄は、かつては琉球と称され、独自の美が生み出された海上王国でした。15世紀に統一王朝が成立し、400年以上にわたって東アジアを舞台に“万国津梁(世界の架け橋)”として繁栄した琉球王国は、諸国の至宝で満

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る