東京都

大名茶人・松平不昧ーお殿さまの審美眼ー

今年は大名茶人として名高い松江藩主松平不昧(1751-1818)が没して200年。不昧は広い人脈のもとに優れた書画や名物道具、美しい調度品など、名品を数多く蒐集したが、その中には今日、国宝や重要文化財に指定されているものも多く見られる。本展では不昧が愛蔵した名品の数々、さらに不昧像が窺われる自筆の書画や好んで作らせた器なども紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.212018.06.17
  • 会場

    三井記念美術館
    http://www.mitsui-museum.jp/
    中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F
  • 観覧料金

    当日一般1300円
    大学・高校生800円

    ※中学生以下無料
    ※70歳以上の方(要証明)は1000円
    ※リピーター割引:会期中、一般券、学生券の半券提示で、2回目以降は団体料金
    ※障害者手帳提示のお客様およびその介護者(1名)は無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    三井記念美術館、NHK、NHKプロモーション
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る