富山県

名都美術館名品展 恋する日本画

近現代のすぐれた日本画コレクションで知られる名都美術館(愛知県長久手市)は、実業家、林軍一氏が会社経営の傍ら長年にわたって収集した作品を中心に、約400点の日本画を収蔵している。それらは、気品ある美しさ、心を癒す優しさという観点から収集されており、美術愛好家に高い人気を誇る。
本展では、同館が所蔵する日本画コレクションから名品を選りすぐり、美人画と近代日本画の巨匠たちに焦点をあてて紹介。

開催概要

  • 会期

    2018.05.252018.07.08
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円
    大学生1000円

    ※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、18歳以下の方、各種手帳をお持ちの方は観覧無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    富山県、名都美術館展実行委員会(富山県水墨美術館、富山テレビ放送)
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

エヴァンゲリオン展(島根展)

大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の魅力を解き明かす本格的な展覧会。「エヴァンゲリオン」は、1995年にテレビアニメが放送されて以来、幅広い世代から人気を集め続ける日本のアニメーション史上、屈指の名作。魅力あふれるキャラ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る