京都府

春季特別展「お釈迦さんワールド―ブッダになったひと―」

公式サイト

今から2,500年ほど前、インドで育ったひとりの若き思想家が、この世の真理を悟った。この青年の名前はガウタマ・シッダールタ。仏教の開祖である「お釈迦さん」その人である。我々はこの開祖について、どれだけのことを知っているだろうか?
本展では、開祖の人間としての姿を求め、その生涯の物語に焦点を当てる。彼が実際に生きた前5世紀頃のユーラシアの歴史を概観するとともに、彼の生涯を伝える経典や美術品から、仏教の開祖として超人化・伝説化されていく様子を紹介する。2,500年前に若き思想家が紡いだ言葉は、「仏教」となって現代にまで伝えられた。人生の苦しみと真摯に向き合ったシッダールタという「人間」を思い描きながら改めて仏教に触れることで、我々も現代の多様な課題と向き合うヒントを得られるのではないだろうか。

開催概要

  • 会期

    2018.04.212018.06.17
  • 会場

    龍谷ミュージアム
    http://museum.ryukoku.ac.jp/
    京都市下京区西中筋通正面下る丸屋町117
  • 観覧料金

    一般1,200円
    高校・大学生800円
    小・中学生400円

    ※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方、およびその介護者1名は無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    龍谷大学 龍谷ミュージアム、京都新聞、日本経済新聞社
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • SNS

  • カレンダーへ登録

直前の記事

コレクション展 高岡の金工・漆芸

高岡には、金工と漆芸の歴史と伝統があり、現在も多くの作家が活躍している。 本展では、高岡市美術館所蔵の金工・漆芸の名作を企画展示室3に展示。地域の工芸の優れた技と歴史について理解を深め、その美しさにふれてほしい。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る