大阪府

視覚芸術百態:19のテーマによる196の作品

あらゆる領域において情報が氾濫し、グローバル化と多様化が進む今日では、美術館における収蔵品の展示方法も、時代別・地域別という正統な方法が充分には機能しなくなってきている。実際のところ、欧米の現代美術館にはテーマ別で常設展を実施するところも出てきている。本展は、当館のコレクションを19のテーマに分けて紹介。テーマとして選んだのは、いま改めて考えてみる意義が感じられるトピックで、それらは「作品の要素」と「描写の対象」に大別できる。展示作品は、テーマを象徴する典型的作品から意外に思えるような作品まで様々。新収蔵品も約50点含まれている。時代・地域・ジャンルなどの基本的な美術の枠組みを大前提に選んでいるが、多種多様な作品間のつながりが感じとれる組み合わせになっている。この特別な所蔵作品展は、各自が持つ美術についての知識を再確認するにとどまらず、新たな発見があり、美術を見つめ直すきっかけにもなるに違いない。

開催概要

  • 会期

    2018.05.262018.07.01
  • 会場

    国立国際美術館
    http://www.nmao.go.jp/
    大阪市北区中之島4-2-55
  • 観覧料金

    一般900円
    大学生500円

    ※高校生以下・18歳未満無料(要証明)
    ※心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    国立国際美術館
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※金曜・土曜は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

岡本神草の時代展(千葉展)

岡本神草(本名・敏郎)は明治27(1894)年、神戸市に生まれた。彼は大正4年に京都市立美術工芸学校絵画科を卒業後、京都市立絵画専門学校に進学する。最初は当時広く流行していた新南画風の作品を描いていましたが、大正5年頃か

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る