東京都

生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

公式サイト

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で””ミラクル””な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けている。
生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。実際にありそうで現実には存在し得ない《相対性》など代表作のほか、初期の作品や木版、直筆のドローイングなどから、エッシャーが唯一無二と評される作品を生み出す過程を、【8つのキーワード】を通じて紐解く。

開催概要

  • 会期

    2018.06.062018.07.29
  • 会場

  • 観覧料金

    【前売】 一般1400円、大学生・高校生 1000円、 中学生・小学生500円
    【当日】 一般1600円、 大学生・高校生1200円、 中学生・小学生600円

    ※小学生未満は無料
    ※学生券をの場合は、学生証を提示(小学生除く)
    ※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料(要証明)

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    イスラエル博物館、産経新聞社、フジテレビジョン、上野の森美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※毎週金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで 
  • お問い合わせ

  • SNS

  • カレンダーへ登録

直前の記事

視覚芸術百態:19のテーマによる196の作品

あらゆる領域において情報が氾濫し、グローバル化と多様化が進む今日では、美術館における収蔵品の展示方法も、時代別・地域別という正統な方法が充分には機能しなくなってきている。実際のところ、欧米の現代美術館にはテーマ別で常設展

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る