千葉県

岡本神草の時代展(千葉展)

岡本神草(本名・敏郎)は明治27(1894)年、神戸市に生まれた。彼は大正4年に京都市立美術工芸学校絵画科を卒業後、京都市立絵画専門学校に進学する。最初は当時広く流行していた新南画風の作品を描いていましたが、大正5年頃から生涯のモティーフとなった舞妓を竹久夢二風に描くようになっていく。その世界は浮世絵の影響を受けてしだいに濃厚な官能性を帯びるようになり、大正7年の第1回国画創作協会展(国展)に入選した《口紅》によって一気に開花し、新興美人画作家として注目を集めた。大正9年、第3回国展に出品した《拳を打てる三人の舞妓の習作》では官能性の先にある神秘的な存在感を追究し、将来を期待されるようになる。その後菊池契月に師事し、新たな展開を模索するなか、昭和8(1933)年に38歳の若さで急逝した。
今回は《口紅》、《拳を打てる三人の舞妓の習作》等のこれまでに知られている作品をはじめ、寡作で知られる岡本神草の数少ない完成作を可能な限り集め、素描・下図・資料類約100点の他に甲斐庄楠音など共に競い合った仲間や師の契月などの作品も展示する。本展は昨秋京都国立近代美術館で開催され、大きな反響を呼んだ。東日本で唯一本展を開催する千葉市美術館は、巡回の最終会場となる。

開催概要

  • 会期

    2018.05.302018.07.08
  • 会場

    千葉市美術館
    http://www.ccma-net.jp/
    千葉市中央区中央3-10-8
  • 観覧料金

    一般1000円
    大学生700円
    小・中学生・高校生無料

    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    千葉市美術館、京都国立近代美術館
  • 休館日

    6月4日(月)、18日(月)、7月2日(月)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで  ※金・土曜日は10:00~20:00
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」(東京展)

明治維新から150年、2018年の大河ドラマの主人公は、薩摩(鹿児島)の一介の下級武士から身を起こし、明治維新を成し遂げた西郷隆盛。しかし、この稀代の英雄には、肖像写真が一枚も残っておらず、その生 涯は多くの謎に包まれて

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る