NEW 奈良県

奈良の刀剣 -匠の美と伝統-

現在、「日本刀」と呼称される刀剣類は、古くは「かたな」「けん」と呼ばれていた。その原型は古代に遡るが、平安時代中期頃には、現在の反りのある片刃、いわゆる日本刀の形態が整い、その後も時代の変化を受けながら変化し、現代では美術品として日本のみならず、世界中で広く愛好されている。刀剣類は本来の用途として、武器の性格を持っているが、その一方では古代から実用としての性能を超えて、持つ者の権威や武力、あるいは霊威や神聖性を示す象徴、そして技巧を凝らした工芸の粋としての性格も帯びていた。副葬品として、あるいは社寺に宝剣として奉納された刀剣類はその代表ともいえるものだが、広く刀剣には所有者の守護を祈る象徴としての性質と、更には精神的な素養と芸術性をたたえた、美術品としての歴史と文化がともなっている。本展は、近年特に幅広い世代に関心を集めている刀剣の魅力を取り上げ、奈良ゆかりの刀剣を主として、古代から現代まで続く刀の文化とその芸術性、併せて現代に活躍する奈良ゆかりの刀匠の活動を紹介することで、多彩な角度から刀剣の魅力への入り口とするものである。

開催概要

  • 会期

    2018.04.212018.06.24
  • 会場

    奈良県立美術館(奈良県立美術館)
    http://www.pref.nara.jp/11842.htm
    奈良市登大路町10-6
  • 観覧料金

    一般800(600)円
    高・大学生600(400)円
    中・小生400(200)円

    ※(  )内は20名以上の団体料金
    ※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1人は無料
    ※外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方は無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    奈良県立美術館
  • 休館日

    月曜日(4月30日は開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る