東京都

写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−

写真が発明されてまもなく2世紀。この200年近くに生み出された写真は天文学的な数に及び、テクノロジーやネットワークの革新とともに、その表現形式や制作手法、つくり手と受け手の関係にも大きな変化がおこっている。20世紀を代表する写真家ウィリアム・クラインは、写真、映画、デザイン、ファッションのジャンルを超えた表現と、ニューヨーク、ローマ、モスクワ、東京、パリなどの世界の都市を捉えた作品で、現代の視覚文化に決定的な影響を与えた。本展では、クラインの都市ヴィジョンを迫力あるマルチ・プロジェクションで表現するほか、斬新な眼差しで21世紀の都市と人間を見つめ、従来の写真のフレームを大きく飛び越えようとする日本やアジアの写真家たちを紹介。22世紀をも見据えた未来の写真都市の鼓動を描きだす、ヴィジュアル・コミュニケーションの新しい冒険を感じることができる展覧会となっている。

開催概要

  • 会期

    2018.02.232018.06.10
  • 会場

    21_21 DESIGN SIGHT
    http://www.2121designsight.jp/
    港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
  • 観覧料金

    一般1100円
    大学生800円
    高校生500円

    ※中学生以下無料

  • 主催

    21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
  • 休館日

    火曜日

  • 開館時間

    10:00〜19:00 ※入館は閉館の30分前まで※六本木アートナイト特別開館時間:5月26日(土)10:00-23:30(入場は23:00まで)
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

名刀は語る-美しき鑑賞の歴史

日本刀は、古来災いや邪気を払う霊器として神聖視され、武士にとっては、武器であるとともに精神的支柱であり、日本人の精神文化に大きな影響を与えてきた。また日本刀は日本を代表する美術品として、世界でも高い評価を得ている。優美な

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る