山梨県

―愛されて40年― 『100万回生きたねこ』  佐野洋子の世界展

世代を超えて読み継がれ、昨年出版40周年を迎えた佐野洋子作『100万回生きたねこ』。本展ではその名作原画(特別出品)を中心に、代表的な絵本の原画、小説の原稿、女性や猫等を描いた銅版画作品をあわせておよそ100点展示することで、絵本作家・エッセイスト・画家、佐野洋子(1938年~2010年)のユニークで豊かな世界を紹介する。
『100万回生きたねこ』は、ミュージカルとしても上演された。本展では、演出家のスケッチ、衣装、小道具、舞台装置などの関連美術も展示する。
佐野は、第二次世界大戦終戦後、中国から引き揚げて山梨在住の伯父のもとに一家で身を寄せ、子供時代の3年ほどを過ごした。絵本やエッセイから感じられる佐野の自然と生き物を見つめるあたたかい眼差しは、多感な年頃の山梨暮らしによって形成されたものかもしない。
佐野がより身近に感じられるように、本展では彼女の幼い頃からの写真や、作画道具、愛用品なども展示する。また、会場には『100万回生きたねこ』の主人公「とらねこ」と一緒に写真が撮れたり、絵本を読んだりできるコーナーもあり、誰もが楽しいひと時を過ごせる展覧会となっている。
※会期中展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2018.04.212018.06.17
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円
    大学生500円

    ※高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳持参)
    ※県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料

    詳細は公式サイトまで

     

  • 主催

    山梨県立美術館、山梨日日新聞社、山梨放送
  • 休館日

    5月・14日(月)・21日(月)・28日(月)
    6月4日(月)・11日(月)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る