東京都

千代田区×東京ステーションギャラリー「夢二繚乱」

東京ステーションギャラリーのある千代田区は、出版・印刷業が集積した全国有数の街として発展してきた。千代田区九段南にある出版社・龍星閣は、高村光太郎の『智恵子抄』の版元として知られるが、戦後、竹久夢二の画集を次々と出版し、第二次夢二ブームを牽引した存在でもある。本展は、夢二の著作や画集の出版のために龍星閣の創業者・澤田伊四郎が収集した1200点を超える膨大な夢二コレクションが千代田区に寄贈されたことを記念し、その精華を紹介するもの。

開催概要

直前の記事

漫画界のレジェンド‐『松本零士展』

漫画・アニメ界の巨匠、松本零士(1938―)は、「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」など、宇宙を舞台にしたSF作品を数多く手掛け、私たちに夢とロマンを与え続けている。本展では、15歳でマンガ家としてデビューしてから現在

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る