NEW 京都府

色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーとともに(京都展)

公式サイト

スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)。1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、バウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い、長きにわたる友情を育んだ。
ベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される、日本初の回顧展となる本展では、建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介することで、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に迫る。バウハウス開校100周年(2019年)を前に、若き日のバウハウス体験に始まり、素材やマチエールを追求し続けた画家ネーベルの知られざる画業を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.282018.06.24
  • 会場

    京都文化博物館
    http://www.bunpaku.or.jp/
    京都市中京区三条高倉
  • 観覧料金

    一般1,500円
    大高生1,000円
    中小生600円

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    京都府、京都文化博物館、産経新聞社、関西テレビ放送
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 / 金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで) 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る