鳥取県

アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ展(鳥取展)

19世紀末のヨーロッパで流行した芸術様式「アール・ヌーヴォー」の代表的な画家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、パリの舞台女優サラ・ベルナールの演劇ポスターをきっかけに一躍有名になった。流れるような曲線で描く優美な女性像と植物をモチーフにした華麗な装飾に彩られた独自の画風を確立し、あらゆるジャンルで才能を開花させた。本展では、ミュシャの代表作であるポスターや室内装飾パネルなどをはじめ、挿絵画家としての作品や装飾デザイン集、商品パッケージからカレンダー、ポストカード、祖国チェコで手がけた切手や紙幣など貴重な資料を含む約400点を展示し、その全容に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.04.282018.06.03
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1,000円
    高校・大学生600円
    中学生以下無料

    ※70歳以上の方、高校・大学生で15名以上の団体や障がいのある方[付添1人を含む]、日本海クラブうさみみカード会員、Feel友の会、米子市歴史館友の会会員は当日料金の100円割引(割引重複利用不可)
    ※会期中の水曜日は、「とっとり子育て応援パスポート」「しまね子育て応援パスポート」提示で当日料金の100円割引(割引重複利用不可)

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    米子市、米子市教育委員会、一般財団法人 米子市文化財団 米子市美術館、新日本海新聞社
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

産業と美術のあいだで 印刷術が拓いた楽園

美術の表現は、美術の周辺からしばしば力を得ている。それは、私たちの生活の実用的な需要に応える産業であることも少なくない。なかでも印刷術は、美術の表現にもっともよく影響を与えた産業技術のひとつと言えるであろう。日本は、おも

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る