東京都

生誕60周年記念 くまのパディントン展(東京展)

“イギリスを代表する児童文学「パディントン」シリーズは、1958年、作家マイケル・ボンド氏によって誕生した。その後、40以上の言語に翻訳・出版されるとともに、絵本・アニメ・映画やぬいぐるみなどで広く展開され、世界中で愛され続けている。
物語の主人公は南米ペルーからひとりでイギリスにやってきた子グマ。ロンドンのパディントン駅でブラウン夫妻に出会い、パディントンと名付けられ家族として迎えられました。この子グマがさまざまな騒動を巻き起こしながら街の人気者になっていくという、原作者ボンド氏の優しいまなざしに溢れた物語に魅了されている方は多いのではないだろうか。
「パディントン」シリーズ誕生60周年記念、また2017年6月に91歳で逝去されたボンド氏への追悼の意を込めた本展は、児童書シリーズの挿絵でお馴染みのペギー・フォートナムをはじめ各アーティストによる絵本や漫画の原画、世界中で出版された書籍、さらには生みの親であるボンド氏の貴重な仕事道具やインタビュー映像などを通して、パディントンの世界を紹介する。”

開催概要

  • 会期

    2018.04.282018.06.25
  • 会場

  • 観覧料金

    当日一般1400円
    大学・高校生900円
    中学・小学生400円

    ※団体は20名様以上(申込み先:Bunkamura Tel. 03-3477-9413)
    ※学生券をお求めの場合は、学生証の提示(小学生は除く)
    ※障害者手帳のご提示で割引料金あり

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    Bunkamura、フジテレビジョン、毎日新聞社
  • 休館日

    6/5(火)休

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで※毎週金・土曜日は21:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

産業と美術のあいだで 印刷術が拓いた楽園

美術の表現は、美術の周辺からしばしば力を得ている。それは、私たちの生活の実用的な需要に応える産業であることも少なくない。なかでも印刷術は、美術の表現にもっともよく影響を与えた産業技術のひとつと言えるであろう。日本は、おも

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る