島根県

耳を澄ませば ささやく日本画

顔を見合わせて笑う人の声、木々に集まった鳥たちの鳴き声、勢いよく流れ落ちる滝の音…。日本画を鑑賞していると、こうした「声」や「音」に気が付くことがある。もちろん、実際に絵の中から音が聞こえてくるわけではない。作品にじっくり向き合い、想像を膨らませることで、まるで絵の世界に入り込んだかのように様々な音が感じられるのだ。日本画を鑑賞しながら、実際には聞こえてこない「声」や「音」に思いを巡らせることは、実に興味深いことである。こうすることで、画家のまなざしや作品に込められた思いを感じることもでき、より深く日本画の世界を楽しんでいただけることだろう。本展では、横山大観や竹内栖鳳らの名品の中から、絵の中の音が想像できるような作品を展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.03.012018.05.31
  • 会場

  • 観覧料金

    大人2,300円
    大学生1,800円
    高校生1,000円
    小中生500円

    ※団体割引あり
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は個人料金の半額

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    足立美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:30 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

広重の東海道五拾三次 全55作展

東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)は、江戸時代に整備された五街道の一つ、東海道にある53の宿場を指す。古来、道中には風光明媚な場所や有名な名所旧跡が多く、浮世絵や和歌・俳句の題材にもしばしば取り上げられた。な

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る