神奈川県

中井精也 鉄道写真展 笑顔あふれる「ゆる鉄」ワールド

ゆるい鉄道写真、略して「ゆる鉄」に代表される中井精也の作品は、鉄道ファンでない人でも、見た人誰もが思わず笑顔になる癒される写真。本展では、中井精也の代表作「1日1鉄!」の集大成約150点と、「夢と希望の三陸鉄道」から約50点を紹介する。
「1日1鉄!」は、中井精也がライフワークとして毎日ウェブ上に鉄道写真を公開しているシリーズ。これまで10年以上に渡って発表してきた4,000点以上の作品の中から、今回は特に人気の高い作品を展示する。
「夢と希望の三陸鉄道」は東日本大震災直後から2014年春に運行再開した三陸鉄道を、3年間通って撮影したもの。三陸鉄道の運転再開を喜ぶ現地の方々の気持ちと、中井精也の三陸への思いが胸を打つシリーズ。
さらに特別展示として、2016年、東急田園都市線の溝の口~長津田間開業50周年を記念して中井精也が撮り下ろした作品「DT moment」より、「沿線で見つけた輝く瞬間」を捉えた写真約20点を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.072018.06.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=600円(480円)、学生・65歳以=450円(360円)
    中学生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体料金。
    ※障害者手帳をお持ちの方およびその介護者は無料。

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    川崎市市民ミュージアム
  • 休館日

    毎週月曜日(ただし4月30日は開館)、5月1日(火)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

収蔵コレクション展「薫風―藤井勉の世界」

同館収蔵作品から、上村淳之「晴れ間」、大山忠作「緑雨」、那波多目功一「五月の頃」、田渕俊夫「春萌ゆ」など、この時季ならではの作品を選りすぐり紹介。同時に、惜しくも2017年9月に亡くなった藤井勉の作品「花の帽子」を含む1

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る