広島県

ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち(広島展)

パリという魅力あふれる都市に生きる女性、パリジェンヌ。彼女たちは時代の変化とともに様々な表情を見せてきた。知的な会話を楽しむサロンの主宰者、子を慈しむ美しい母、流行を生み出すファッショニスタ、画家のミューズ、そして自ら道を切り開き才能を開花させた画家や女優――本展では、マネの《街の歌い手》をはじめ、ドガやルノワールなど印象派の巨匠が描いた女性の肖像、カサットやモリゾなど女性芸術家による傑作、カルダンやバレンシアガの斬新なドレスからブリジット・バルドーほか映画や舞台で活躍した女優のポートレートまで、ボストン美術館の所蔵品約120点を通して、18世紀から20世紀のパリを体現してきた女性たちの姿に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.04.112018.06.10
  • 会場

    広島県立美術館
    http://www.hpam.jp/
    広島市中区上幟町2-22
  • 観覧料金

    【当日】一般=1,400円、高・大学生900円、小・中学生600円
    【前売・団体】一般=1,200円、高・大学生700円、小・中学生400円

    ※団体は20名以上
    ※学生券をお求めの際は学生証提示
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金半額

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    広島県立美術館、ボストン美術館、広島ホームテレビ、イズミテクノ、中国新聞社
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※金曜日は20:00まで  ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

竹喬愛蔵コレクション-鉄斎を中心にー

竹喬美術館には小野家から寄贈された、竹喬愛蔵の作品が多数所蔵されています。その中には、師である竹内栖鳳をはじめ、親友土田麦僊、福田平八郎、祖父白神澹庵、息子小野春男、そして富岡鉄斎の作品があります。竹喬は富岡鉄斎の作品に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る