東京都

建物公開 旧朝香宮邸物語

旧朝香宮邸(現東京都庭園美術館本館・重要文化財)は、朝香宮ご夫妻のパリ滞在と、1925年に同地で開催されたアール・デコ博覧会への訪問がきっかけとなって誕生。宮家の家族の営みと想いが刻まれた同邸は、戦後、後に首相となった吉田茂の外務大臣公邸として使用され、サンフランシスコ講和条約締結の構想を含む、戦後の重要な局面におけるひとつの舞台にもなった。また、この世界でも稀に見るアール・デコ様式の館には、建物を往来した人々の歴史と記憶が宿っている。本展では、同館コレクションの展示と併せ、建物に纏まつわる昔年の記憶を手繰り寄せ、生きた建築としてこの地を往来した人々の営みに想いを馳せつつ、旧朝香邸の魅力に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.03.212018.06.12
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=900円、大学生(専修・各種専門学校含む)=720円、中学生・高校生=450円、65歳以上=450円

    ※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料

  • 主催

    東京都庭園美術館
  • 休館日

    第2・4水曜日(3/28, 4/11, 4/25, 5/9, 5/23)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※3/23, 3/24, 3/30, 3/31, 4/6, 4/7は20:00まで開館  ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る