広島県

小杉放菴記念日光美術館所蔵 ―巨匠が描いた日本の自然―

本展は国内有数の風景画コレクションである、小杉放菴記念日光美術館所蔵の国立公園絵画を一堂に展覧するもの。文化勲章受章者12名、文化功労者10名など、名実ともに日本近代洋画界を代表する画家たちが手がけた作品には、それぞれの画家の特徴や制作された時代の雰囲気などもよくあらわされ、日本近代洋画史の流れを辿ることができる。
※前期・後期で約20点の展示替を行う
前期:2018年4月28日(土)-5月20日(日)
後期:2018年5月22日(火)-6月10日(日)

開催概要

  • 会期

    2018.04.282018.06.10
  • 会場

    はつかいち美術ギャラリー
    http://www.hatsukaichi-csa.net/gallery/
    廿日市市下平良1-11-1 廿日市市役所・はつかいち文化ホールさくらぴあ併設
  • 観覧料金

    600(500)円
    高校生以下・障害者手帳等をお持ちの方及び介助者は無料
    ※( )内は大学生、前売り料金、20 名以上の団体料金、さくらぴあ倶楽部会員証・ちゅーピーくらぶ会員証のいず

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    はつかいち美術ギャラリー
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

木村克朗展 -IN THE WHITE- LAVOR’ACQUA

画家・木村克朗氏の作品は、黒を基調とした油彩(ア・フレスコ)によるモノクロームでコンセプチュアルな絵画が特長的で、その画面は深遠なイメージを喚起させる。 近年のひらがな文字を複雑に組み合わせた抽象絵画は水の力と身体のゆら

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る