山梨県

Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート

1987年、20歳でキース・ヘリングは故郷ペンシルバニア州からニューヨークへ渡った。当時のニューヨークは不況下で暴力や差別が蔓延する反面、ヒップホップやグラフィティなどのストリート・カルチャーが創り出される源泉に溢れていた。その街でカウンターカルチャーに大きな影響を受けたヘリングは、激動するニューヨークで、そして世界中の都市を駆け巡りながら、アートを通し様々なメッセージを生涯発信し続けた。
ヘリングが社会とのコミュニケーションとしてまず初めに着目したのがニューヨークの地下鉄でのサブウェイドローイング制作。誰もが使う地下鉄構内の看板は絶好のパブリック・スペース。黒い紙が貼られた空き看板に白いチョークで素早く描き上げるグラフィティにはウィットに富んだメッセージがダイレクトに表現された。その後はポスター・アートにも着目し核放棄や、反アパルトヘイト、エイズ予防、LGBTの認知など社会的な問題にも取り組む。
社会における階級や地位、性別や人種、宗教や文化の違いに関係なく誰もが触れることのできるアートを追求したヘリングの作品は、テロや戦争の耐えない現代社会へ時代を超えてパワフルなメッセージを投げかけ続けている。
本展では、新しく収蔵作品に加わる1990年の作品《オルターピース:キリストの生涯》を初公開する。これは1990年2月16日31歳でエイズにより亡くなる数週間前に完成した最後の作品。教会の祭壇のためのオルターピースとして現在世界の教会や美術館9箇所に収蔵されているが、ヘリングの追悼式が行われたニューヨークのセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂に今も飾られている。死を目前にしたヘリングの平和への願いと希望、そして生命の力が刻まれた永遠の作品である。

開催概要

直前の記事

須田悦弘 ミテクレマチス

須田悦弘は、本物と見間違えるほどに精巧な花や草木の彫刻作品をインスタレーションと呼ばれる展示方法で発表し、国内にとどまらず海外でも高い評価を受けている気鋭の美術作家。独学で木彫の技術を身につけた須田は、薄い花びらや葉、細

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る