広島県

吉村芳生と吉村大星 365日エンピツ画

写真と見まがうような、いやそれ以上の現実感を湛えた独特の画世界によって、見る者に強烈なインパクトと感動を与える吉村芳生(1950-2013)。
その作品は、鉛筆や色鉛筆を用いて、写真をマス目ごとに克明に写し取るという、まさに驚異的な手技によって生み出されている。その誰にも真似できないと思われる超絶技巧を、息子・吉村大星(1992-)は、独自の表現として深化させつつある。主に野良猫をモチーフとした鉛筆画は、記憶や想いが時間とともに熟成し、客観的であると同時にある種のノスタルジーを感じさせるような独特の魅力に満ちている。
見るたびに新しい景色を見せてくれる吉村芳生。今まさに進行形の表現を展開する吉村大星。出品総点数は、約80点。同じ手法で異なる境地を示す吉村親子初の規模となる競演を展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.272018.07.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円(1100円)
    高大生510円(410円)

    ※常設展との共通セット券(本館と新館)1540円(1390)円、高大生820円(720円)
    ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料

    ※( )内は有料入館者10名以上の団体料金および前売料金

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    ウッドワン美術館
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

所蔵品展 動物美術館

所蔵品の中から身近にいる鳥や猫、犬、海の生き物など「動物」をテーマに紹介する。 日本画や油彩画、陶芸など様々なジャンルで表現された動物たちの生き生きとした姿を展示。 また、竹原市出身の池田勇人元内閣総理大臣のメガネや銚子

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る