香川県

京の美人画 100年の系譜

京都市美術館は、1933(昭和8)年に大礼記念京都美術館として開設され、1952(昭和27)年に現在の名称となった。同館は近現代美術を展示する西日本最大の施設のひとつとして、現在にいたるまで大きな役割を果たしてきた。明治以降の京都を中心とした数多くのコレクションは日本近代の美術・工芸の流れを物語るものとして高く評価されている。
そのコレクションの中でも本展では「美人画」に着目。女性像は古くから描かれてきたが、明治以降、美術の中心的な主題として花開くとともに変動する社会の中で多様化していく。大正から昭和にかけては、時代を象徴するモダンガールも登場し、和洋渾然とした装いやモダンな調度品に囲まれた女性の豊かな生活が描かれた。女性の描写は、とりもなおさず時代を映し出すものであったといえるであろう。
本展では京都市美術館所蔵の日本画から精選した、上村松園《人生の花》、土田麦僊《平牀》、前田青邨《観画》、菊池契月《南波照間》など約70点の名品を通して、明治・大正・昭和にいたる女性像のさまざまな表現と変遷を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.04.212018.06.03
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1,000円
    大学生500円
    高校生以下無料

    ※65歳以上も一般料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    高松市美術館
  • 休館日

    月曜日(4月30日は開館)
    5月1日

  • 開館時間

    09:30〜19:00 ※日曜日は午後5時閉館  ※入室は閉館30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る