埼玉県

板橋区立美術館コレクションによる 日本のシュルレアリスム展

ヨーロッパで生まれたシュルレアリスムは、1930年代を中心に日本でも流行した。マックス・エルンストやサルバドール・ダリに憧れた画家たちは、夢の中のような不可思議な空間を描いている。日本が本格的な戦争に入る1940年頃までの間に、福沢一郎、小牧源太郎、寺田政明をはじめとする画家たちは競うようにシュルレアリスム絵画を発表した。本展では、板橋区立美術館の優れたコレクションの中から、1930年代から50年代のシュルレアリスムに関連する絵画作品60点を紹介し、その魅力に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.04.282018.06.10
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=500円、大学生・高校生=250円

    ※中学生以下無料
    ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
    ※「川越きものの日」にちなみ、8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    川越市立美術館
  • 休館日

    月曜日(ただし4月30日は開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る