岡山県

ー生誕100年ー 限りなく深く澄んだ詩情の世界 清宮質文展 2期

昨年の6月に生誕100年を迎えた版画家・清宮質文(1917-1991)。澄明な世界をひたすら追求し、魂の原点を見つめ続けた清宮の作品は、どこかノスタルジックな趣を感じさせる。本展は昨年開催した清宮展の続編として、木版画・水彩画・ガラス絵・モノタイプを約100点展示。また、アトリエを一部再現したコーナの他、中原中也(1907 – 1937)の詩とのコラボレーションコーナーも設ける。

開催概要

  • 会期

    2018.04.212018.06.03
  • 会場

    瀬戸内市立美術館(4階・3階展示室(受付は4階))
    http://www.city.setouchi.lg.jp/museum/
    瀬戸内市牛窓町牛窓4911
  • 観覧料金

    一般=500円
    ※割引(団体20名以上または65歳以上)=400円
    中学生以下無料

  • 主催

    瀬戸内市立美術館
  • 休館日

    毎週月曜日 ※4月30日(月)を除く

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

植田正治 「撮ることにきめる」

空に浮かぶ雲を眺めながら「撮ることにきめる」と綴った植田の文章、そして写真。このイメージに代表されるように、植田の作品には何気ない日常を写しとめたものが数多くある。特別な被写体や風光明媚な風景ではなく、見慣れた山陰の空や

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る