東京都

リトグラフ 石のまわりで

公式サイト

リトグラフは版面を彫ることなく描画を転写する。18世紀末リトグラフの発明によりそれまでの凹版や凸版に新しい版種、平版が加わった。石版石を素材とするこの新しい印刷方法は、19世紀から20世紀にかけて瞬く間に普及し、その間に重量があり持ち運びが難しい石版の弱点を解消するジンク板やアルミニウム板が開発された。描画の際の技術的な制約が少ないことから、様々なジャンルの作家がリトグラフに関心を持ち、優れた作品を残している。表現者の探究心と技術の進歩はより繊細で微妙な表現を可能にし、現代においてもリトグラフの人気は衰えることはない。リトグラフの始まりである石版石の「石」の魅力も常に表現者の心をとらえ、現代の版芸術においても「石」による創造の世界は様々な広がりを見せている。
本展では印刷技術史における近代印刷術としてのリトグラフと多様な表現を生み出す美術表現としてのリトグラフの両面から、印刷技術史をたどる好事例を解説し、現代作家の優れた作品を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.05.212018.08.19
  • 会場

    武蔵野美術大学美術館(展示室2、アトリウム1・2)
    http://mauml.musabi.ac.jp/
    小平市小川1-736
  • 観覧料金

    無料

  • 主催

    武蔵野美術大学 美術館・図書館
  • 休館日

    日曜日、祝日、8月11~17日(6月10日、7月16日、8月19日は特別開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※土曜日、特別開館日は17:00閉館    ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

ちひろ美術館コレクション展 いのち

ちひろ美術館では、すぐれた子どもの本のイラストレーションを貴重な文化財のひとつと位置づけ、世界34の国と地域、207名の画家による27200点を収蔵している。本展では、コレクションのなかから「いのち」をテーマにした作品を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る