福岡県

コレクション展Ⅰ 特集「昭和戦前期の美術ー時代を映す鏡ー」

同館コレクション展では、主に昭和戦前期(1926~1945)の約20年間に生み出された美術作品を特集する。明治・大正期を経た昭和戦前期は、日本が経済的に豊かになり人々の生活が華やいだ一方で、戦争が人々の生活に大きな影を落とした激動の時代でもあった。そのような「光と影」が交錯する時代であった昭和戦前期を生きた芸術家たちは、どのような生活を送り、どのような時代の雰囲気を感じ取っていたのか。そしてそれが、鋭敏な感受性を持った彼らの作品にどのように反映されているのか。
本展では、福岡県立美術館コレクションの洋画、日本画、彫刻、工芸など様々なジャンルの作品を、昭和戦前期の美術を考えるうえで重要ないくつかのテーマに沿って紹介。そして、「時代を映す鏡」としての美術作品のなかに、昭和の時代精神や文化が持つ特性がどのように表れているのかを探る。

開催概要

  • 会期

    2018.03.172018.06.10
  • 会場

    福岡県立美術館
    http://fukuoka-kenbi.jp/
    福岡市中央区天神5-2-1
  • 観覧料金

    一般=210円、高大生=140円、小中生=60円

    ※65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方及びその介護者、教職員が引率する小・中・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の児童生徒及びその引率者、土曜日来場の高校生以下の方、福岡ミュージアムウィーク期間中【5月12日(土)~5月20日(日)】に来館の方は無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    福岡県立美術館
  • 休館日

    月曜(4月30日、5月1日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る