三重県

ヴラマンク展-絵画と言葉で紡ぐ人生-

モーリス・ド・ヴラマンクは1876年フランスに生まれた。ピカソやマチスなどと同時代を生き、強烈な色彩を特徴とするフォーヴィスムの画家として名を馳せましたが、その後セザンヌ芸術に影響を受け、落ち着いた色彩で独自の絵画表現を確立した。また画業以外に文筆家としても非凡な才能を発揮したことでも知られる。
日本へはすでに大正時代にフォーヴィスムが紹介され、ヴラマンクは代表的な作家として美術史の教科書にも必ず登場するが、これまで実際にヴラマンクの作品に触れる機会はほとんどなかった。
本展ではフランスとスイスに所蔵される絵画76点とヴラマンクの言葉によりその画業をたどる。

開催概要

  • 会期

    2018.04.202018.06.03
  • 会場

    パラミタミュージアム
    http://www.paramitamuseum.com/top.html
    三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
  • 観覧料金

    一般=1,000円(4枚セット3,000円)、大学生=800円、高校生=500円
    中学生以下無料

    ※障害者手帳をお持ちの方無料

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

上村淳之展 ~花鳥風月~

幼い頃から父 松篁の飼う小鳥達と共に過ごして来た画家 上村淳之にとって、鳥達が常に身近に居ることはごく自然なことだった。淳之は絵の道に進むと同時に奈良平城へ移り住み、この自然豊かな中にあるアトリエ「唳禽荘」で好きな鳥たち

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る