奈良県

上村淳之展 ~花鳥風月~

幼い頃から父 松篁の飼う小鳥達と共に過ごして来た画家 上村淳之にとって、鳥達が常に身近に居ることはごく自然なことだった。淳之は絵の道に進むと同時に奈良平城へ移り住み、この自然豊かな中にあるアトリエ「唳禽荘」で好きな鳥たちと共に暮らしながら移ろう季節を知り、またその生き様から多くを学びとり創作活動を続けて来た。
じっくり鳥たちと向き合いながら紡ぎだされた淳之の作品からは、清澄な空間にこめられた深遠なる自然への画家の真摯な眼差しが感じられ、独自の「花鳥画の世界」を見て取れる。
本展では、上村淳之の初期から現在までの作品を辿り、60余年の画業を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.03.222018.06.03
  • 会場

  • 観覧料金

    大人(高校生・大学生を含む)=820円、小学生・中学生=410円
    ※20名以上は団体割引1割引
    ※障がい者手帳のご提示により本人と同伴者1名まで2割引

    詳細は公式サイトまで

  • 主催

    松伯美術館
  • 休館日

    月曜日(但し4月30日(月・振休)は開館、翌日5月1日(火)が休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

浮世絵パワースポットめぐり

上方浮世絵館では、江戸時代の大阪で制作された浮世絵を展示している。大阪の浮世絵は役者絵が多く、歌舞伎役者たちが舞台上で役を演じる姿が描かれている。 歌舞伎芝居では、四季折々の情景を背景とすることで、物語が美しく彩られる。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る